ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 福岡県
秋月城
2010/12/30記
(2008/8/7訪問)

長屋門
 
●概要●
中世・戦国時代、古処山城の麓にあった秋月氏の館跡を利用して築かれた。福岡藩の支藩・秋月藩の藩庁であり、黒田氏が居城としていた。一筋に掘られた堀と石垣を築き、二重櫓や平櫓を5基建て並べていた。明治に廃城となり払い下げられ、現在は黒田長興を祀った垂裕神社が建てられている。堀、石垣、裏門であった長屋門、旧大手門である黒門が垂裕神社の神門として移築され現存する。

●歴史●
建仁3(1203)年 秋月氏の祖・原田種雄が古処山城を築き、その麓に居館を築いた。
1587(天正15)年 12代・秋月種実は九州征伐に乗り出した豊臣秀吉に敗れ、日向国・高鍋に移封された。これにより秋月城は廃城となる。
1624(寛永元)年 黒田長政の三男・長興が夜須・下座・嘉麻の5万石を分封された。
長興は廃城となっていた秋月城を大幅に改修し、陣屋を置いた。
以後、明治時代に廃城となるまで黒田氏12代の居城となった。
1873(明治6)年 廃城令により廃城となった。

秋月城本門(黒門)

この門は2回移築されている。もとは秋月氏の本城である古処山城の搦手門で、それが秋月藩の成立後(1623年)、秋月城の大手門として、現在の秋月中学校前の瓦坂の奥に移されたといわれる。さらに、明治13年(1880)、垂裕神社の門として現在の場所に移された。まさにこの門は、中世以来の歴史を見つめてきている。(現地説明板より)

●地図● 福岡県朝倉市野鳥

より大きな地図で 福岡県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 福岡県