なぽのブログを検索
なぽのホームページを検索
なぽのホームページ

ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・

そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。

そして気が付いたら全国津々浦々(笑)

これまでに訪問したお城を紹介します。




愛媛県のお城
今治城(いまばり)今治市
宇和島城(うわじま)宇和島市
大洲城(おおず)大洲市
川之江城(かわのえ)四国中央市
松山城(まつやま)松山市
湯築城(ゆづき)松山市





大洲城
2014/2/28更新
2009/8/8記
(2007/8/20訪問)

復元天守
●概要●
大洲は伊予の南北をつなぐ街道にあり、東には土佐に至る街道がある。また、すぐ西には八幡浜の港があり、交通の要衝であった。鎌倉時代末期に守護として入国した宇都宮氏により築城。二百数十年間にわたる支配の後、小早川隆景により落城。その後、築城の名手・藤堂高虎により近代城郭として整備された。明治になり破却の危機にさらされたが、地元住民の運動により保護された。しかし、老朽化と構造上の欠陥により、1888年に解体された。2004年に大洲市市制施行50周年記念事業として復元。戦後初の築城当時の工法による木造で復元された。明治時代に撮影された写真や内部構造の資料が充実していたため、ほぼ正確に復元することができた。だが、本来は建築基準法で木造では認められない規模であったため、2年近い折衝を経て建築基準法の適用除外が認められ、ようやく復元することができた。

●歴史●
1331(元徳3)年 鎌倉時代末期に伊予守護・宇都宮豊房により築城。
宇都宮氏はその後、二百数十年間にわたって南伊予を支配。
1572(天正元)年 宇都宮氏は家臣の大野直之により大洲城を追われた。
1585(天正13)年 小早川隆景によって大野直之は攻め滅ぼされた。
1595(文禄4)年 藤堂高虎が入城。近世城郭として整備した。
1617(元和3)年 加藤貞泰が入城。加藤氏12代が大洲藩主を務め、明治維新を迎えた。
1888(明治21)年 天守は老朽化と構造上の欠陥のために解体された。
2004(平成16)年 天守が築城当時の工法で復元された。

●100名城スタンプ設置場所●
台所櫓(天守への入口)にあるチケット売場
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
入館料 大人500円、中学生以下200円
休館日 年中無休
駐車場 市民会館駐車場:最初の1時間150円、以後30分ごとに80円
観光駐車場:無料、バス4台駐車可

●地図● 大洲市大洲
なぽのホームページ/愛媛県を表示