なぽのブログを検索
なぽのホームページを検索
なぽのホームページ

ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・

そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。

そして気が付いたら全国津々浦々(笑)

これまでに訪問したお城を紹介します。




愛媛県のお城
今治城(いまばり)今治市
宇和島城(うわじま)宇和島市
大洲城(おおず)大洲市
川之江城(かわのえ)四国中央市
松山城(まつやま)松山市
湯築城(ゆづき)松山市
現存12天守
弘前城(青森県)
松本城(長野県)
犬山城(愛知県)
丸岡城(福井県)
彦根城(滋賀県)
姫路城(兵庫県)
松江城(島根県)
備中松山城(岡山県)
丸亀城(香川県)
松山城(愛媛県)
宇和島城(愛媛県)
高知城(高知県)






松山城
2014/12/28更新
2008/6/9記
(2007/8/20訪問)

現存天守
●概要●
12ある現存天守(江戸時代以前に建造された天守を有する城郭)の1つ。重要文化財に指定されている。

海抜132mの勝山山頂にそびえ、松山市内ならどこからでも見える。勝山山頂は最初、峰が2つに分かれており、埋め立てる所から始めたという。創建当時には五重天守が建てられており、1642年に何らかの理由で3重に縮小されている。姫路城と同じく大天守と小天守・南隅櫓・北隅櫓を渡り櫓で結んだ連立式で、日本三大連立式平山城に数えられる。門櫓・塀を多数備え、狭間や石落とし、高石垣などを巧みに配し、攻守の機能に優れている。その三重天守も1784年に落雷で主要建物とともに焼失。現存する大天守は黒船来航の前年である1852年に再建された三代目天守である。
親藩(松平氏)による普請であったため、丸に三つ葉葵の瓦紋章が付けられている。
日本で最後の完全な城郭建築(桃山文化様式)であるといわれている。

●歴史●
1602(慶長7)年 加藤嘉明が関ヶ原の戦いの戦功により20万石に加増。
麓に二之丸と三之丸を有する広大な平山城の築城に着手。
1603(慶長8)年 10月、嘉明がこの地を「松山」と改称。
1627(寛永4)年 嘉明は松山城の完成前に会津藩40万石へ転封。
蒲生忠知が24万石の松山藩主となる。
1634(寛永11)年 8月、忠知が参勤交代の途中に死亡し、蒲生家が断絶。
そのため大洲藩主・加藤泰興が松山城を預かる。
1635(寛永12)年 7月に松平定行が15万石の藩主となる
松山藩は四国の親藩として235年間続き、明治維新を迎える。
1642(寛永19)年 定行が5重であった天守を3重に改築。
1784(天明4)年 天守を含む本壇の主な建物が落雷により焼失。
1854(安政元)年 2月8日、天守本壇落成。
1867(慶応3)年 藩主・松平定昭が幕府老中職となる。
1868(明治元)年 土佐藩が松山城を受領・保護(藩主は翌年には赦免された)。
1870(明治3)年 三之丸が焼失。
1872(明治5)年 二之丸も焼失。
1873(明治6)年 廃城令。主に麓の城門・櫓・御殿などが払い下げられるが入札はなく、解体のみ行われた。
1923(大正12)年 松山城が久松家(旧藩主松平家)へ払下となり、そのまま松山市に寄贈された。
1935(昭和10)年 国宝保存法によりく国宝に指定。
1950(昭和25)年 文化財保護法により重要文化財の指定。
1992(平成4)年 4月、二之丸史跡庭園が落成。
2004(平成16)年 大天守ほか6棟の改修工事開始。
2006(平成18)年 11月末に改修工事終了。

●100名城スタンプ設置場所●
天守チケット売場(入場しなくても押せる)
時期 ロープウェイ リフト 天守
営業時間 2〜7月 8:30〜17:30 8:30〜17:00 9:00〜17:00(入場は16:30まで)
8月 8:30〜18:00 9:00〜17:30(入場は17:00まで)
9〜11月 8:30〜17:30 9:00〜17:00(入場は16:30まで)
12月〜1月 8:30〜17:00 9:00〜16:30(入場は16:00まで)
※本丸広場へは5:00〜21:00まで入場可(11月〜3月は5:30〜21:00)
休み 年中無休 12月第3水曜日(大掃除のため)
料金 往復:大人510円、小学生260円 大人510円、小学生150円
片道:大人270円、小学生130円
駐車場 普通車は2時間まで410円、以後30分ごとに100円
バスは2時間まで1030円、以後30分ごとに200円

●地図● 愛媛県松山市堀之内
なぽのホームページ/愛媛県を表示