なぽのブログを検索
なぽのホームページを検索
なぽのホームページ

ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・

そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。

そして気が付いたら全国津々浦々(笑)

これまでに訪問したお城を紹介します。




愛媛県のお城
今治城(いまばり)今治市
宇和島城(うわじま)宇和島市
大洲城(おおず)大洲市
川之江城(かわのえ)四国中央市
松山城(まつやま)松山市
湯築城(ゆづき)松山市






川之江城
2016/7/25更新
2009/7/23記
(2007/8/21訪問)

模擬天守
●概要●
別名・仏殿城。伊予・讃岐・土佐・阿波を結ぶ交通の要衝である鷲尾山山頂に位置した川之江城は、南北朝時代から戦国時代にかけての城であった。本丸付近の石垣に僅かの名残りを留めるに過ぎなかったが、川之江市制施行30周年記念事業として、城山公園整備事業として本丸跡に天守、涼櫓、櫓門、隅櫓、控塀などが建築された。

●歴史●  
1337(延元2)年 南朝方の河野通政が讃岐の北朝方・細川頼春に備え、家臣の土肥義昌に命じて鷲尾山に砦を築かせた。
1342(興国2)年 北朝方・細川頼春に攻められ落城。
  城は戦国時代に河野通直に返され、家臣の妻鳥友春を城主とした。
1572(元亀3)年 阿波の三好長治が攻めたが、妻鳥友春が逆退した。
1578(天正6)年 妻鳥友春が土佐の長宗我部元親に通じた。
1579(天正7)年 河野通直は河上安勝に命じて妻鳥友春を討ち、城を攻め取らせた。
1582(天正10)年 長宗我部元親の大軍に攻められ落城。
1585(天正13)年 豊臣秀吉の四国平定で小早川隆景に攻められ落城。
  小早川、福島、池田、小川と領主が交代。加藤嘉明の時に廃城となった。
1636(寛永13)年 一柳直家が28,000石の領主となり、川之江藩が立藩。
1642(寛永19)年 一柳直家が嗣子無く没したため領地は没収され、以後天領となった。
わずか6年の「うたかたの川之江藩」であった。
1984(昭和59)年 川之江市制施行30周年記念事業として城の再建に着手。
1986(昭和61)年 6月30日、本丸跡に模擬天守が完成。

●案内●
観覧料 大人 100円、小・中学生 50円
開館時間 9:00〜16:00
休日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合その翌日)
12月29日〜1月3日

●地図● 愛媛県四国中央市川之江町
なぽのホームページ/愛媛県を表示