ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 千葉県
小弓城(別名・南生実城)
2011/5/17記
(2011/5/14訪問)

八剣神社

●概要●
小弓城は千葉兼胤が亥鼻城を築いたのとほぼ同時期に築かれ、兼胤の弟・原胤高が城主となる。以後、小弓城は原氏歴代の居城となった。しかし、千葉氏の勢力が弱まると真里谷氏が台頭し、古河公方・足利政氏の子で僧籍にあった義明を還俗させ、小弓城を奪って小弓公方をたてた。その後、真里谷氏と義明が対立するようになると、真里谷氏は北条氏と、義明は里見氏と組み、国府台で激突した(第一次国府台合戦)。この戦いで義明は討死し、小弓城は原氏に奪還されたため、小弓公方は滅亡した。小弓城を奪った原氏は、約1km北に新たに生実城を築き、小弓城は廃城となった。どちらも「おゆみ」と読むため、小弓城を南生実城、生実城を北生実城と記載し区別することもある。八剣神社から埋蔵文化財調査センター周辺までが城域であったとされ、その広さは500m四方にもなる広大なものであった。現在でも所々に土塁や空堀などが散見され、在りし日の様子を想像しながら歩くととても興味深い城跡である。

●歴史●
1126(大治元)年頃 千葉氏により築かれ、千葉一族である原氏の居城となった。
1518(永正18)年 足利義明は真里谷信清の力を借りて小弓城を攻め落とした。
義明は「小弓公方」と称し、周辺の有力者を味方につけて新興勢力となる。
1538(天文7)年 第一次国府台合戦で足利義明は討死し、小弓公方は滅亡した。
この機に乗じて原氏が攻め寄せ、小弓城は落城した。
原氏は小弓城の北約1kmの所に新たに生実城を築き、小弓城は廃城となった。


八剣神社の裏手には切通らしき道がある

大覚寺山古墳 土塁のように見えるが前方後円墳

埋蔵文化財調査センター裏の空堀

城跡の大部分は畑となっている

●小弓公方●
小弓公方とは足利義明を指し、古河公方・足利政氏の子として生まれた。幼少より出家し、鶴岡八幡宮若宮別当で空然という名で僧籍にあった。だが、父と兄が対立するようになると下野に移り、その後還俗して足利義明と改名した。義明に目をつけたのが上総で勢力を拡大していた真里谷信清であった。信清は原氏の居城である小弓城を攻め落として義明の居城とした。その後、義明を「小弓公方」としてまつりあげ、自らは「房総管領」を名乗った。だが、信清の死後、義明は真里谷氏の家督争いに介入し、真里谷信隆を追放して真里谷信応を当主とした。そのため、追放された信隆は古河公方を継いだ義明の兄・足利高基や北条氏と組み、義明に対抗するようになった。1538年、義明は北条氏綱と雌雄を決すべく大軍を起こし、国府台に出陣した。一時は優勢であったが、盟友であるはずの里見氏が消極的であったため次第に押し返され、ついには義明が討死してしまった。義明の死により小弓公方は滅亡したが、遺児の足利頼純は里見氏を頼って落ち延び、後に喜連川氏の祖となった。

●地図● 千葉市中央区南生実町

大きな地図で 千葉県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 千葉県