ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 千葉県
大椎城
2011/5/15記
(2011/5/14訪問)

城跡碑

●概要●
大椎城は村田川の支流に囲まれた台地にあり、天然の要害となっている。城域はこの台地上全体に渡っている。城域内は四つの郭が直線的に並んでおり、それぞれの郭の間に空堀がある。この地を本拠とした平常重が千葉姓を名乗り、名族・千葉氏が誕生した。城域の南側には大椎集落が形成されており、居館はこの辺にあったと考えられている。現在は千葉市の緑地として保全されており、郭や土塁・空堀などが良好な状態で保存されている。

●歴史●
平安時代中期(1000年頃) 平忠常により築かれた。
1126(大治元)年 千葉常重が亥鼻城を築いて本拠を移したが、その後も千葉一族が居城とした。。
15世紀中頃 土気酒井氏が勢力を伸ばし、大椎城を支配下におく。
1590(天正18)年 豊臣秀吉による小田原征伐により土気酒井氏が滅亡し、廃城となる。


空堀

土塁

●千葉氏●
平忠常(975-1031)は常陸国、上総国、下総国に広大な所領を有し、上総介と称していた。その孫・常長の次男・常兼が千葉氏、5男の常晴が上総氏となった。常晴には実子が居たが仲が悪く、兄・常兼の子を養子として家督を継がせた。このことが一族内の争いを引き起こした。だが、常兼の孫で3代・常胤が源頼朝に従って大活躍すると、千葉氏の敵対勢力も粛清され、一度は勢力を盛り返した。だが、9代・宗胤が元寇のため九州に赴くと、不在の間にその弟・胤宗を推す者が現れ、再び一族内の抗争が勃発した。この結果、宗胤は九州に残って九州千葉氏の祖となり、千葉宗家は10代・胤宗が継いだ。その後、1455年の享徳の乱でも千葉氏は内部分裂し、嫡流が滅亡。有力家臣であった原氏の台頭などもあり、千葉氏は次第に衰退していった。戦国時代に入ると常陸の佐竹氏、小弓公方・足利義明や安房の里見氏の侵攻を受けるようになるが、北条氏康と姻戚関係を結び、北条氏の支援を受けながら所領を守っていた。しかし、千葉氏内部においては26代・千葉親胤が原親幹によって暗殺され、29代・千葉邦胤も1585年に家臣の手で暗殺されるなどの混乱が続きいた。そして1590年、31代・千葉重胤の時に豊臣秀吉の小田原征伐で北条氏が滅ぼされ、千葉氏も所領を没収されて、戦国大名としての千葉氏は滅亡した。

●地図● 千葉市緑区大椎町

大きな地図で 千葉県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 千葉県