なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

トップページに戻る なぽのホームページ/千葉県のお城へ なぽのホームページ/日本百名城へ
本佐倉城
●地図・アクセス● 千葉県印旛郡酒々井町本佐倉 2017/5/21更新(訪問日 2014/8/23)
◆概要◆
文明年間(1469〜86年の間)に千葉輔胤(岩橋輔胤)により築かれたと考えられていますが、築城年ははっきりしません。 1455年に始まった享徳の乱で室町幕府・関東管領上杉氏に味方する千葉宗家と、古河公方・足利成氏に味方する千葉一族の馬加氏が激しく対立しました。 千葉宗家は1455年に千葉胤直が原胤房に、子の千葉胤宣も馬加康胤に攻められて、それぞれ自害しています。 事態を重くみた将軍・足利義政は、千葉一族で美濃国篠脇城主・東常縁に千葉宗家を助けるよう命じました。 東常縁は1457年、馬加康胤を討ち取り、原胤房を破りました。 馬加康胤の次男・岩橋輔胤は千葉城を追われ、本拠の岩橋(泗水町辺り)を中心に抵抗を続けました。 その東常縁は1467年に勃発した応仁の乱で美濃の領地を奪われ、下総を去りました。 本佐倉城が築かれたのは、この頃と考えられています。 子の千葉孝胤から千葉姓を名乗るようになり、以後9代にわたって千葉氏の本拠となりました。 1590年に後北条氏が滅ぼされると千葉氏も改易され、本佐倉城も一度廃城となりました。 その後、佐倉藩主となった土井利勝が一時藩庁を城跡に置きましたが、佐倉城を築いて移っています。 城跡は曲輪や堀、土塁などがほぼ原形を留めており、1998年に国の史跡に指定され、2017年には続日本100名城に選出されました。


案内図

東山馬場の入口にある城址碑

東山馬場の様子

東山馬場北側の物見台

左側が東光寺ビョウ、右側が東山馬場

城山とIV郭の間の門跡

IV郭

城山から見たIV郭

城山への道

城山の虎口

城山

城山・門の跡

城山・奥ノ山への木橋跡

城山と奥ノ山の間にある堀切

奥ノ山の入口

奥ノ山

ページの一番上に戻る

トップページに戻る なぽのホームページ/千葉県のお城へ なぽのホームページ/日本百名城へ