ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 千葉県
生実城(別名・北生実城)
2011/5/15記
(2011/5/14訪問)

生実神社

●概要●
千葉氏は安房の里見氏に備えて亥鼻城を築き本拠としていたが、同じ頃に小弓城を築いた。城主には千葉兼胤の弟・原四郎胤高が据えられ、以後原氏の居城となった。だが、真里谷武田氏が足利義明を奉じて小弓城を奪取すると小弓公方として一大勢力を築き上げた。それから20年後の第一次国府台合戦で小弓公方が滅び、原氏は小弓城を奪い返したが、その約1km北に新たに生実城を築いた。どちらも「おゆみ」と読むため、北生実城と記載されることがある。その後、豊臣秀吉が関東を制圧した際に落城し、江戸時代には陣屋が置かれた。現在は宅地化が進み周辺の遺構は消滅したが、生実神社とその周辺には曲輪や土塁、空堀などが残っている。

●歴史●
1538(天文7)年 第一次国府台合戦で小弓公方が滅亡。原胤清は小弓城を奪還したが、その北約1kmの所に新たに生実城を築いた。
1561(永禄4)年 正木時茂に攻め落とされる。
1564(永禄7)年 第二次国府台合戦で北条氏側についた原胤貞が正木氏より生実城を奪還。
1571(元亀2)年 里見氏により攻め落とされ、原胤栄は臼井城へ退いた。
1590(天正18)年 小田原征伐の際に徳川家康の家臣・酒井家次により攻め落とされる。
1627(寛永4)年 森川重俊が1万石で配され生実藩を立藩。明治まで陣屋が置かれた。


土塁

北生実村絵図(クリックで拡大表示)

●原氏●
平常長の4男・四郎頼常が、領地の地名から原氏と称したことに始まる。頼常には子が無かったので、兄・鴨根常房の息子・常宗が養嗣子として継いだ。この系統からは原氏のほか、飯竹氏、岩部氏、仁戸田氏、大原氏、佐野氏、鞍持氏が出ている。甲斐武田氏の武田24将に数えられる猛将・原虎胤は小弓城合戦後に甲斐へ流れた下総原氏の一族である。下総原氏は千葉氏の重臣であったが、千葉氏は度重なる一族同士の争いや里見氏や北条氏との戦で次第に勢力を失い、原胤義の代で主家と共に北条氏の配下となった。その後、豊臣秀吉により北条氏が滅ぼされると没落。一部は旗本となった。

●地図● 千葉市中央区生実町

大きな地図で 千葉県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 千葉県