ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 千葉県
勝浦城
2011/5/15記
(2011/5/14訪問)

勝浦灯台からの遠景

●概要●
真里谷武田氏が里見氏を防ぐ目的で築いたとされる。だが、真里谷氏は一族の争いにより弱体化し、里見氏により滅ぼされた。以後、勝浦城は里見氏の重臣・正木氏の城となる。勝浦城は勝浦湾の東にある岬にあり、周囲は断崖絶壁となっている。当初は岬のみであった城域が、正木氏により岬の付け根にまで拡張されたものと思われる。現在は八幡岬公園となっており、展望台が設置されている。

●歴史●
1521(大永元)年 真里谷信興が里見義尭の北上を阻止する目的で築いたとされる。
1544(天文13)年 里見氏家臣・正木時茂が大多喜城の真里谷朝信を攻め滅ぼす。
正木時忠が城主となり、勝浦正木氏と呼ばれるようになる。
1581(天正9)年 大多喜正木氏の正木憲時が乱を起こす。勝浦正木氏の城主・正木頼時は里見方となったため、憲時に攻められ落城。だが、後に里見義頼により乱は鎮圧され、頼時が復帰する。
1590(天正18)年 小田原征伐の際に徳川家康の家臣・本多忠勝に攻められ落城し、廃城となる。


城址碑

主郭跡にある八幡神社

●上総武田氏●
 甲斐国守護・武田信満の子・信長を祖とする。1416年に鎌倉公方・足利持氏と前関東管領の上杉氏憲(禅秀)が対立した上杉禅秀の乱では親族である上杉禅秀側についたが破れ、父・信満が討死。甲斐国は無主状態となり、守護の座を狙う逸見氏や跡部氏、穴山氏との争乱状態となった。その後、信長の兄・信重が守護に任命されたが、信長は跡部氏との戦に敗れて鎌倉へ出府し、その後鎌倉を出奔して6代将軍・足利義教に仕えた。義教が暗殺されると古河公方・足利成氏に仕えた。1456年に成氏の命令により、関東管領・上杉氏が守護を務める上総に出兵。2年後に庁南城と真里谷城を築いた。信長の孫の代になると嫡流が庁南城、分家が真里谷(まりやつ)城を本拠地とするようになった。
 嫡流は武田信玄の3男・武田豊信を養子に迎えたが、1590年に豊臣秀吉による小田原征伐に参陣しなかった。そのため、討伐を受け、当主・武田豊信は切腹した。だが、その子・氏信が生存して家臣団に守られ、近隣に移住、郷士として土着した。子孫は現在も続いている。
 真里谷城の分家は真里谷氏を名乗るようになり、最盛期には上総一国を支配下に置いた。真里谷信清は古河公方足利氏の家督争いに敗れた足利義明を小弓公方に立て、自ら房総管領と名乗るほど権勢を振るった。だが、養子・信隆に家督を譲った後に正室に実子・信応が生まれると、信応を推す一派が生じて家中が二分された。この争いは最終的に信隆側が勝利し、信応は里見義堯のもとに落ち延びた。その後、里見義堯が信隆の跡を継いだ信政を攻めると、信応は里見氏を離れて甥の信政を助けた。だが、1552年に椎津城が落城して信政が自害すると、その3日後には信応も自害し、真里谷氏は滅亡した。

●勝浦正木氏●
 1544年に里見義堯の命令により、正木時茂が真里谷朝信の大多喜城を攻め落とし、勝浦城は時茂の弟・時忠が城主となった。この頃から時茂の本家を大多喜正木氏、時忠の系統を勝浦正木氏と呼ぶようになった。時茂は里見家中の猛将として上総武田氏や真里谷氏、千葉氏と争いの中で数多くの戦功を挙げていた。だが、時茂の没後は大多喜正木氏は弱体化し、代わって時忠の勝浦正木氏が力を持つようになった。正木氏の力は強大で、やがて里見氏を離れて自立する動きを見せ始める。1564年の第二次国府台合戦後に北条氏康に子の頼忠を人質として差し出し、支援を受けるようになった。以後、北条氏の上総勢として里見氏と戦ったが、北条氏の関心が西へ移ると劣勢となり、再び里見氏に帰参した。時忠の子・頼忠の時、主家の里見氏で家督争いが発生した。大多喜正木氏と勝浦正木氏はそれぞれの勢力に分かれたが、勝浦正木氏の推す里見義頼が勝利した。大多喜正木氏はこの時に滅亡した。1590年の豊臣秀吉による北条征伐後に里見氏が上総国を召し上げられたため、勝浦正木氏は領地を失った。だが、時忠の娘・お万の方が徳川家康の側室となり、紀伊藩祖・徳川頼宣と水戸藩祖・徳川頼房を生んだ。時忠をはじめとする勝浦正木一族は、頼宣の招きに応じて紀伊に移り、時忠の子・為春の代から祖先の三浦姓を名乗るようになった。紀伊三浦氏は代々紀伊藩の家老職を務めた。

●地図● 千葉県勝浦市浜勝浦

大きな地図で 千葉県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 千葉県