なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

トップページに戻る 千葉県のお城 日本100名城・続日本100名城
勝浦城
●地図・アクセス● 千葉県勝浦市浜勝浦 2011/5/15(訪問日 2011/5/14)
◆概要◆
勝浦城は1521年、真里谷信興が里見義堯の北上を防ぐ目的で築いたと伝わります。 1544年に里見義堯が真里谷朝信の大多喜城を攻め落とし、この時に正木時茂の弟・正木時忠が勝浦城の城主となりました。 この頃から正木時茂の系統を大多喜正木氏、正木時忠の系統を勝浦正木氏と呼ぶようになります。 正木時茂は里見家中の猛将として上総武田氏や真里谷氏、千葉氏と争いの中で数多くの戦功を挙げました。 しかし、正木時茂の没後に大多喜正木氏は弱体化し、代わって正木時忠の勝浦正木氏が力を持つようになりました。 正木氏の力は強大で、やがて里見氏を離れて自立する動きを見せ始めました。 1564年の第二次国府台合戦後に北条氏康に子の正木頼忠を人質として差し出し、支援を受けるようになりました。 以後、後北条家の上総勢として里見氏と戦いましたが、後北条氏の関心が西へ移ると劣勢となり、再び里見氏に帰参しています。 正木時忠の子・頼忠の時、主家の里見家で家督争いが発生しました。 大多喜正木氏と勝浦正木氏はそれぞれの勢力に分かれましたが、勝浦正木氏の推す里見義頼が勝利しました。 この時に大多喜正木氏は滅びました。 1590年の豊臣秀吉による小田原征伐の際には徳川家臣・本多忠勝に攻め落とされました。 戦後、里見氏が上総国を召し上げられたため、その家臣である勝浦正木氏も領地を失いました。 しかし、正木時忠の娘・お万の方が徳川家康の側室となり、紀伊藩祖・徳川頼宣と水戸藩祖・徳川頼房を生みました。 正木時忠をはじめとする勝浦正木一族は、徳川頼宣の招きに応じて紀伊に移り、正木時忠の子・為春の代から祖先の三浦姓を名乗るようになりました。 紀伊三浦氏は、紀伊藩の家老職を代々務めました。


勝浦灯台からの遠景

城址碑

主郭にある八幡神社
トップページに戻る 千葉県のお城 日本100名城・続日本100名城